未成熟ながらんどう

ただ思ったこと、感じたことを書きしめていくだけ

後悔しても後の祭りだと知る

小さい頃の私に言いたいですね。ちゃんと勉強はしておきなさいと。

小学一年生時から勉強が大嫌いで、親が問題集とか買ってきてやらせようとするんですが自分からやるって事はあまりなかった気がします。二年生になったぐらいにはもう反抗的にグレてランドセルを蹴ってボロボロにして、教科書とかもボロボロに破っていました。三年生になると面積とかさっぱりで、親に教えて貰うんですが全然分からない。「何でこんな簡単なことが出来ないの?」「誰でも分かるんだよ」「お前は本当に頭悪いなあ」滅茶苦茶怒られていました。二年生の時点で学校の勉強に追いつけてなかったんですよね・・・九九は先生が何度も何度も教えて下さいましたので覚えましたがね。

丸付けの時答えの隣に解説とかついてるんですがね、読んでも分からなくて、聞いても分からないのループで。興味があることに対しては直ぐに覚えるんですが、興味がないことに対してはほとんど無関心で。漢字の読み書きは好きだったんですよね。それ以外は駄目でしたけど(笑

勉強する事も駄目でクラスにもあんま馴染めなかった事も事実で。何度かイジメにもあったりして、浮いていないようで浮いてるような学生時代だった気がします。学生時代は好きな事を全くしてなかったし、好きな服装もしなかったししても変な噂みたいなの立てられたりするし、とにかく目立つ事は一切しなかったです。

高校卒業して誰も会わなくなってから、少しずつですが自分の好きな服装をしたりしてましたが長続きはしなかったです。どれもこれも中途半端になってしまいました。今でもそうですね。何かしたいのに何をしていいか分からずに生きてるし、現状維持をしています。このままではいけないと感じてるのに億劫と臆病で。色んな事に興味あるはずなのにね。

勉強だってそうだ。自分から理解できないからっと勝手に思って、自分から理解する努力をしてこなかった。同じ問題を何度も何度も出来るまで繰り返しやれば良かったのかもしれない。他人よりも時間はかかるけれども、確実に進んでいけたはずなのにとも思います。今更後悔していようが後の祭りなわけです(苦笑

 

両手に顔を覆い尽くしたくなる今日この頃です・・・