未成熟ながらんどう

ただ思ったこと、感じたことを書きしめていくだけ

少し泣いて元気になる歌がある。

黒澤まどかさん作曲作詞のボーカロイド結月ゆかりの歌う「鳳仙花」という曲を、毎日一回は欠かさずに聞いています。ユーチューブでたまたま見つけたのですが、歌詞が学生時代のまんまの自分を映しているようで、共感してしまいました。

 

2番の歌詞は特に私の学生時代の心境まんまで、社会人になった今でもその心境があって切なくなったり悲しくなったりするんでよね。曲調もゆったりしていて、耳にすーっと入ってくるから余計にです。本当は自分もその中に入りたかったのに入りたいのに上手く入ることが出来なくて、周りの人に嫉妬したり苛々したり、でも自分から行ったら「何なの」と思われたり「自分が入っても本当に大丈夫なのか」とか。自分が入ったは良いが後から悪口や陰口を叩かれていないかとか。気になってしまって夜も眠れなくなったりしょっちゅうです。未だに馴染めない感じあります。それだったら自分の世界に入り込んでしまった方が楽だと思ったり。人前で強がって、一人で出来る気になって。この感情を毎日ループして生きていく。私自身はそう感じます。感じ方はそれぞれだと思うのですがね(笑

 

聞いて少しだけ泣いて元気になる素敵な歌です。お勧めします。